So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

「北国行きで」朱里エイコ [シリーズ いつもの音楽に飽きたら]


「北国行きで」朱里エイコ 
ミニスカートが似合いすぎて、まぶしいくらい!

この曲のヒットで紅白にも出場しているけど、当時の日本はアイドル全盛で、歌唱力勝負の彼女は、日本では人気がいまひとつだったようで、何度も渡米して、活路を見出そうとしたようだ

くわしい事情は知らないが、享年56才で、心不全で亡くなられている

歌を聴くほどに、こんなに上手い人が、なぜ歌謡界で、もっと評価されなかったのか、不思議なほどだ









「北国行きで」朱里エイコ

これはホットパンツ姿で、脚線美がマジ素晴らしい!


8105wYUkb1L__SL1419_.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「狼少年ケン」主題歌 [シリーズ いつもの音楽に飽きたら]


「狼少年ケン」オープニングとエンディング

私が、幼稚園のころだったか、テレビのNET(10チャンネル)で放送してた、TVアニメ草創期の作品

ストーリーはさすがに覚えてないが、この主題歌だけは、今も耳にこびりついている

幼稚園時代といえば、当時、一緒に遊んでいた、近所の鈴木ともこちゃんは、いまごろどうしているだろうか・・・建設資材の砂利置き場の秘密基地で、いつもふたりでコソコソ遊んでいたんだよな~~
おたがい、異性として意識はしてなかったけど・・・






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「刑事コロンボのテーマ」ヘンリー・マンシーニ [シリーズ いつもの音楽に飽きたら]



「刑事コロンボのテーマ」ヘンリー・マンシーニ

70年代に放送されてから、一躍ロングヒットになった、海外ドラマの名作、刑事コロンボ!
この曲を聴くと、次々と、昔のことが呼び覚まされるような、郷愁いっぱいのメロディーがいい

完全犯罪をもくろむ犯人の前に、何度も現れては、「もう一つだけ・・・」と、質問するコロンボ
捜査状況を、犯人に聞かせて、次第に追いつめてゆく手法
派手さは全然ないけど、こんなに面白いドラマはなかった

ヨレヨレのコートに、ちびた葉巻・・・愛車はオンボロのプジョー
「うちのカミさんがね・・・」って、みんなで真似した

やぶ睨みのピーター・フォーク
カッコイイ!って、こういうオトナかも



1025796_1200.jpg





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「雨音はショパンの調べ」小林麻美 [シリーズ いつもの音楽に飽きたら]



「雨音はショパンの調べ」小林麻美

1970年代後半、資生堂やパルコのCMで一気に有名になった小林麻美さん
長身でスレンダーな美人で、表情はアンニュイ・・・モデル、女優、歌手としても、ひっぱりだこだった

この「雨音はショパンの調べ」は、もともとは、イタリアの男性歌手ガゼボの歌う、「I Like Chopin」のカバーです
日本語タイトルと、訳詞を書いたのは、あのユーミン
素晴らしいタイトルです!


小林麻美さんは、松田優作さんの主演映画「野獣死すべし」にも出演していました
そして、所属していた、田辺エージェンシーの社長と結婚されて、引退しました


71T-rUzPATL__SL1015_.jpg
当時のベストアルバム


81G7aBJMeGL.jpg
60をすぎても、この美貌!






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「別れのサンバ」長谷川きよし [シリーズ いつもの音楽に飽きたら]

maxresdefault-001.jpg

https://youtu.be/06AXV0MRz5M ←クリックでyoutubeの「別れのサンバ」へ
「別れのサンバ」長谷川きよし(1969年)

盲目のシンガーソングライター長谷川きよし氏
1969年に発表されたこの曲は、リリース直後はパッとしなかったけど、深夜放送を聴いていたフォークソング世代の若者に絶大の支持が広まり、大ヒットした

クールでしっかりした歌声以上に、その超絶的なギターテクが聴衆の目を釘付けにした














「別れのサンバ2012」長谷川きよし

年齢を重ねるごとに、ギターテクも磨きがかかり、今聴いても、鳥肌ものの素晴らしい演奏!
パーカッションの女性もなかなか!















「別れのサンバ」長谷川きよし&坂崎幸之助

アルフィーの坂崎さんとの楽しいセッション
別れのサンバも、新しいアレンジで聴くとさらに素晴らしく、感動!













nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | -